ブックメーカー入出金方法完全ガイド

最終更新日

ブックメーカーの入出金方法は多様化しています。

ブックメーカーによって対応している決済方法が異なるため、希望の入金・出金方法があるかどうかはブックメーカー選びの重要な要素。

大事な自分の資金を預ける意味でも重要なブックメーカーを選びにおいて、ブックメーカーで使える入出金方法の種類、実際の入金・出金手順、決済時の注意点をまとめて解説します。

入出金方法が豊富なブックメーカーTOP11

  1. bet365 Logo
    bet365
    登録ボーナス
    100%還元・最大¥10,000
    今すぐbet365に登録して、世界中のプレイヤーから愛されるブックメーカーで多種多様な賭けを楽しもう! 18歳以上限定。利用規約が適用されます。
    詳細

入出金方法

ロゴ 氏名 ブックメーカーの入金額 ブックメーカー 出金額
EOSEOS11
iWalletiWallet67
JCBカードJCBカード61
JetonJeton11
MuchBetterMuchBetter77
PaytraPaytra11
Perfect MoneyPerfect Money11
STICPAYSTICPAY22
TetherTether11
TXTTXT11
UkashUkash10
Visa ElectronVisa Electron10
VitalityVitality11
VプリカVプリカ10
WebmoneyWebmoney20
アストロペイアストロペイ94
アメックスアメックス10
インスタントバンキングインスタントバンキング11
イーサリアムイーサリアム77
エコバウチャーエコバウチャー21
エコペイズエコペイズ1718
クレジットカードクレジットカード30
スモウペイスモウペイ11
ビザカードビザカード140
ビザデビットビザデビット30
ビットコインビットコイン1011
マスターカードマスターカード171
ライトコインライトコイン65
リップルリップル44
ヴィーナスポイントヴィーナスポイント88
国際銀行送金国際銀行送金42
銀行振込銀行振込21

ブックメーカー入出金方法の種類

ブックメーカー 入出金方法の種類は、各サイトによって実にさまざまです。

多くのブックメーカーが類似する決済方法を提供しているものの、時代の流れと共にニーズも変化するもの。それぞれのブックメーカーは、今ある入出金方法を定期的に見直し、新しい入出金方法の導入を行っています。

したがって、すでに豊富な入出金方法のオプションを提供している、あるいはユーザーの声に耳を傾けてオプションの強化を図っているブックメーカーは、選ばれる続ける優良ブックメーカーのサイン

現在、おすすめの日本で使えるブックメーカー 入出金方法および日本で使えないブックメーカー 入金方法まとめました:

  1. 銀行送金
  2. クレジットカード
  3. エコペイズ
  4. ヴィーナスポイント
  5. 仮想通貨
  6. その他の決済方法
  7. 日本で利用停止となった決済方法

①銀行送金

銀行送金は、ブックメーカーでの決済方法の一つとして広く知られています。

銀行口座は誰もが持っているので、銀行振込(ネット振込)に対応しているブックメーカーを選べば、かなり手軽に入金できるメリットがあります。

ただし、現金社会が根強い日本に比べ、欧米ではカード払いや電子決済サービスが進んでいるため、海外ブックメーカーで銀行送金に対応しているサイトは多くありません

また銀行送金は、入金のみ、出金のみ、入金・出金どちらも利用可能など、ブックメーカーごとに対応が異なるので注意が必要です。

銀行送金では、入金・出金の反映までに比較的時間がかかりやすいこと、他の決済方法と比べて手数料が高い点もデメリットとしてあげられます。

アドバイスとしては、銀行送金をブックメーカー決済のメイン手段とせず、補助的な決済方法としてキープすることをおすすめします。

銀行送金のメリット

  • 今ある口座を使えて便利
  • 親しみがあるので新しく

銀行送金のデメリット

  • 銀行送金に対応しているブックメーカー少ない
  • 手数料が高め
  • 決済処理時間が長め
  • 入金のみ、出金のみ、入金・出金可能など、ブックメーカーによって対応が異なる

おすすめ銀行送金対応ブックメーカー

bet365 Logo
bet365
登録ボーナス
100%還元・最大¥10,000
今すぐbet365に登録して、世界中のプレイヤーから愛されるブックメーカーで多種多様な賭けを楽しもう! 18歳以上限定。利用規約が適用されます。
詳細

②クレジットカード

クレジットカード決済(およびデビットカード決済)は、日本で人気のブックメーカー 入出金方法です。

その主な理由は、多くのブックメーカーがクレジットカード決済に対応していて便利なこと。そしてすでに使い方に慣れているクレジットカードは、利用方法を新しく学ばなくて済むこと。

数あるクレジットカードの中でも、VISAカードを持っていれば確実です。クレジットカード決済に対応しているブックメーカーで、VISAカードを使えないサイトはないと言っても過言ではありません。

VISAカードの次にブックメーカーで広く受け入れられているのが、Mastercard(マスターカード)です。

まだそれほど多くはありませんが、JCBカードを採用するブックメーカーも徐々に増えています。日本で親しみのあるJCBカードを取り扱っているブックメーカーは、日本市場に力を入れているブックメーカーと考えてよいでしょう。これらのブックメーカーでは、日本語カスタマーサポート対応や日本限定ボーナス特典の進呈など行っている可能性が高いので、ぜひ注目してみてください。

ちなみに、ごく稀ではありますが、アメックスカードやダイナースクラブカードに対応しているブックメーカーも存在します。

ブックメーカー クレジットカード決済において、気になるのはセキュリティ面ですが、基本的に日常で行うオンラインショッピングと同様の安全性が保たれています。

今日ではほぼすてのブックメーカーがSSL導入によって情報が暗号化されています。

また、クレジットカード利用の際に3Dセキュア(クレジットカード本人認証サービス)などを通すカード会社も多く、オンライン上でのより強固なセキュリティシステムが確立されているので安心です。

ブックメーカーでのクレジット決済のデメリットは、入金のみ可能なこと。したがって、クレジットカードで入金しても、出金時には別の決済方法を併用しなければならない点に注意が必要です。

クレジットカード決済のメリット

  • クレジットカード決済に対応しているブックメーカーが多い
  • すでにクレジットカード持っていれば、新しくカードを作る手間なくすぐに入金できる
  • オンラインショッピングと同様の感覚で、簡単に決済できる
  • ブックメーカー 口座にクレジットカード入金が即座に反映される

クレジットカード決済のデメリット

  • ブックメーカー 出金に使えない
  • クレジットカード会社が決済エラーを出すことがある

おすすめクレジットカード対応ブックメーカー

③エコペイズ

エコペイズ(ecoPayz)は、利用できないサイトはほぼないと言っても過言ではないほど導入率が高いブックメーカー 入出金方法です。

電子マネーエコペイズは、ブックメーカーへの入金・出金の両方に利用可能な上、セキュリティ性も高いオンライン決済サービスです。

エコペイズアカウントへは銀行送金およびクレジットカード/デビットカードでの入金、自分の銀行口座への出金が可能です。50種類の通貨に対応な上、利用手数料や限度額も明解と、持っていれば重宝する決済方法です。

エコペイズでのアカウント登録も数分で完了できるシンプルなシステムです。

エコペイズを主なブックメーカー 入出金方法とする方が多く、ブックメーカー上級者は必ずと言っていいほどエコペイズを利用しています。

エコペイズ専用ページでは、ブックメーカーでのエコペイズ利用についてさらに詳しく解説しています。

エコペイズ決済のメリット

  • ほとんどのブックメーカーがエコペイズ決済を採用している
  • ブックメーカー 入金・出金の両方に使える
  • 処理スピードが速い

エコペイズ決済のデメリット

  • 日本国内ではATMから直接出金できたエコペイズカードの利用が停止

おすすめエコペイズ対応ブックメーカー

④ヴィーナスポイント

ヴィーナスポイント(Venus Point)は、シンプルな独自のポイントシステムを通したブックメーカー 入出金方法です。

ヴィーナスポイントでは、専用アカウントに入っているお金をポイントと捉えて管理・利用できます。

ヴィーナスポイントのメリットは、誰でも簡単にアカウントを開設でき、手数料が格安な点でしょう。他のe-Walletと違って口座の維持費もかかりません。また、ポイントバックがあるので、使えば使うほど資金が増えます。

ただ、ヴィーナスポイントへは銀行振込やクレジットカードなどを利用した直接入金ができないので、その点は不便かもしれません。したがって、ブックメーカーからヴィーナスポイントに出金することから始まります。ヴィーナスポイントからの出金は、銀行振込が可能です。

また、ヴィーナスポイントへの出金限度額が低めなブックメーカーが多いところも難点。また、ヴィーナスポイントとブックメーカー間で利用通貨は米ドル限定である点も注意です。

それ以外は特に気になる点はなく、持っておけば便利な決済です

ヴィーナスポイント決済のメリット

  • 単純・明解なポイントシステム
  • 簡単に口座開設ができる
  • アカウント維持費無料
  • ポイントバックの特典付き
  • ブックメーカー 入金・出金手数料が安い

ヴィーナスポイント決済のデメリット

  • ヴィーナスポイントへの銀行振込・クレジットカードによる直接入金不可
  • ブックメーカーからヴィーナスポイントへの出金限度額が低め
  • ブックメーカーとヴィーナスポイント間の利用通貨は米ドルのみ

おすすめヴィーナスポイント対応ブックメーカー

⑤仮想通貨

仮想通貨は、ブックメーカー 入出金方法として近年選ぶ人が増えている人気の決済方法です。

仮想通貨はブックメーカーとの相性の良く、うまく利用すれば資産運用にもなる点が人気の理由と言えそうです。

スピーディな入金処理、ブロックチェーン技術ならではの高い匿名性と安全性格安な手数料、資産運用のチャンスと、仮想通貨はメリットが大きいブックメーカー 入金方法です。

一方、ブックメーカー 仮想通貨利用の一番のデメリットは、仮想通貨ならではの激しい価格の変動です。ただ、それも運用次第ですので、長い目で見て利用できる方にはおすすめのブックメーカー 入出金方法と言えるでしょう。

また、暗号通貨は政府によってその価値が保障されていないので、万が一破綻した場合はトラブルになります。

ブックメーカーで使える仮想通貨

ブックメーカーで使え、日本でも人気の仮想通貨をご紹介します:

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • テザー(USDT)
  • ネム(XEM)
  • リスク(LSK)

中でも、ビットコインはブックメーカーで一番人気の暗号通貨。さらに詳しく知りたい方は、ビットコイン決済専用ページをご参考ください。

仮想通貨決済のメリット

  • 匿名性を保てる
  • セキュリティが高い
  • 入金処理がスピーディ
  • 手数料なしまたは格安
  • 仮想通貨の資産運用になる

仮想通貨決済のデメリット

  • 価格の変動が激しい
  • 日本円のような法定通貨のように国によって価値が保障されていない

おすすめ仮想通貨対応ブックメーカー

⑥その他の決済方法

上記でご紹介した日本で使える人気のブックメーカー 入出金方法以外の決済方法をまとめてご紹介します:

  • iWallet(アイウォレット)
  • STICPAY(スティックペイ)
  • MuchBetter (マッチベター)
  • AstroPay(アストロペイ)

エコペイズの人気には劣るかもしれませんが、これらのオンライン決済サービスも今後需要が伸びてくる可能性を秘めているので、知っておいて損はないでしょう。

⑦日本で利用停止となった決済方法

現在までに日本で利用停止となった代表的なブックメーカー 入出金方法は以下の通りです:

  • Netteller(ネッテラー)
  • Skrill(スクリル)

ネッテラー、スクリルともにヨーロッパを中心に人気の電子決済サービスですが、同じ運営会社であるイギリスのpaysafe社 (ペイセイフ) が日本国内でのオンラインギャンブル向けのサービスを終了しました。

よって、2016年9月15日以降、ブックメーカー ネッテラーおよびスクリルの利用が停止となっています。

ブックメーカー 入出金方法は、このように決済方法の運営元の経営方針の影響を受ける可能性があります。

今後も同じように運営会社の撤退などがあり次第、最新のブックメーカー 入出金情報をお届けします。

ブックメーカー入金方法

ブックメーカー 入金方法は、入金ページの画面の指示に従うだけのとてもシンプルな操作です。

実際にブックメーカー 入金する前に、必要であれば希望入金方法の口座開設やブックメーカでの本人確認書類を提出を済ませておくとスムーズです。

お好みの入金手段を決めたら、基本的なブックメーカー 入金手順は以下の通りです:

  1. ブックメーカーの入金ページに進む
  2. 入金手段を選ぶ
  3. 希望の入金額を入力する
  4. 入金後、着金を確認する

ブックメーカー出金方法

ブックメーカー 出金方法は、入金方法同様、出金ページの画面指示に従えば誰でも簡単にできる手順です。

ブックメーカーで勝利金を稼いだら、基本的なブックメーカー 出金手順は以下の通りです:

  1. ブックメーカーの出金ページに進む
  2. 出金手段を選ぶ
  3. 希望の出金額を入力する
  4. 出金後、指定した自分のアカウントで受金したことを確認する

ブックメーカー 出金の際は、各ブックメーカーが設定する出金限度額にご注意ください。

ブックメーカー入出金の注意点

ブックメーカー 入金・出金を行う際、注意するべきポイントがいくつかあります。

決済がうまく行かないと、せっかくのスポーツベッティング体験もストレスが多くなってしまいます。

自分の大事な資金を守り、入金エラーや出金エラーを防ぐためにも、以下のブックメーカー 入出金の注意点にご留意ください:

  • 基本的に入金方法と出金方法を同じにする
  • 入出金方法は、ブックメーカー登録後いつでも変更可能
  • クレジットカード・デビットカードは入金のみ利用可能
  • 希望通貨の選択は、基本的にブックメーカーのアカウント登録時の一回のみ
  • ブックメーカー上で入出金方法として記載されても、日本では使えない場合がある
  • 時代の流れやニーズに応じて、各ブックメーカーは入出金方法をアップデートしている
  • 決済方法の運営会社の都合で、これまで利用していたブックメーカー 入出金方法が急に利用停止になることがある

これらの注意点を考慮し、ブックメーカー 入出金には普段から複数の決済方法を用意しておくのが無難です。

まとめ

ブックメーカーの入出金方法はますますの多様化が予想されます。

大事な自分の資金を預ける意味でも、ストレスがないスムーズな入金・出金を行う意味でも、安全で豊富な入出金方法が使えるブックメーカーを選ぶことは非常に重要です。

流動的なブックメーカーでの決済方法オプションにおいて、入出金方法を一本化せず、いくつか選択肢を持っておく重要性もお伝えしました。

ご紹介したブックメーカー 入出金方法完全ガイドを参考に、ぜひ賢いブックメーカー選びを行ってください。

よくある質問

入出金方法が豊富なブックメーカーは?
入出金方法が豊富なブックメーカーは、当ページのTOP11ランキングをご参考ください。スポーツベットアイオーKaKeYoスポーツをはじめ、注目ブックメーカーがランクインしています。
日本で使えるブックメーカー 入出金方法は?
日本で使えるブックメーカー 入出金方法の種類は、銀行送金クレジットカード、各種電子マネー仮想通貨などが代表的です。当ページから、それぞれの入出金方法の特徴や注意点もあわせてご参考ください。
ブックメーカー おすすめ 入出金方法は?
ブックメーカー おすすめ 入出金方法は、電子マネーエコペイズです。入金・出金の両方使え、利便性が高いエコペイズは、ブックメーカー利用者ならマストで持っていたいおすすめのeWalletです。
ブックメーカー入金方法は?
ブックメーカー 入金方法は、基本的に【ブックメーカーの入金ページに進む→入金方法を選ぶ→入金額を入力→入金する→着金を確認する】というシンプルな手順です。画面表示に従うだけで、誰でも簡単に完了できます。
ブックメーカー 入出金の注意点は?
ブックメーカー入出金の注意点は、基本的に入金手段と出金手段を同じにする日本では使えない決済方法がある入出金方法が急に利用停止になることがあるなど、いくつかポイントがあります。詳細は当ページをご参考ください。