ブックメーカーの責任あるギャンブル 

最終更新日

我々おすすめブックメーカー研究所は、ブックメーカーをプレイする全てプレイヤーの方々に、安全に健康的に、責任のあるプレイを楽しんでいただきたいと思っております。

もちろんブックメーカーでスポーツ競技へのベットをすることは楽しいことですが、ギャンブル依存症になったり、家族や友人に決して迷惑をかけてはいけません。

当ページで我々専門家は、責任のあるプレイをするために心がけたいことや、ブックメーカー側でのギャンブル依存症対策や、プレイヤーの皆様に個人的に心がけていただきたいことなどをアドバイスも含めご紹介しています。

なぜなら、いくら稼げたとしても、健康を害して周りの人に迷惑をかけるようなプレイ方法では、長期的に続けることはできませんし、プレイヤー自身のためにもなりません。

では早速、ブックメーカーでスポーツべッティングを健康的に楽しむためのアドバイスから見ていきましょう!

責任あるプレイヤーになるためのアドバイス

ブックメーカーで責任あるプレイをすることは、プレイヤー自身にとっても大切ですが、もちろん共に暮らす家族にとっても非常に重要となってきます。

そこで我々おすすめブックメーカー研究所は、「責任あるプレイヤーになるためのヒント」と題して、いかにいくつかのアドバイスを載せていますので、是非参考にして下さい。

  • 長期的にみて利益が出るように気を配る。負けた分を取り返そうと、無理な賭けは避けましょう。
  • 初心者の方は特に、最低入金額(1000円)をまず賭けてみる。慣れたら、徐々に掛け金を上げていくのが良いでしょう。
  • ボーナスやフリーベットをうまく利用して、お得に賭けよう。
  • 自己制限は必ずかけましょう。
  • 友達や家族にお金を借りてまでプレイすることはやめましょう。
  • 秘密にせず、家族にブックメーカーをプレイしていることを打ち明け、理解を得ましょう。

ブックメーカーの責任あるギャンブル対策とは?

ブックメーカーでは、様々な責任あるギャンブルに対する施策を取っています。

ここではブックメーカーが行っている責任あるギャンブルの施策をご紹介します!

自己制限とは?

ブックメーカーの自己制限とは、プレイヤー自身で制限をかけ、予めギャンブル依存症などのリスクを防ぐことのできる機能を指します。

この制限にはいつくも種類があり、一般的なものは以下の通りです。

  • 入金制限: 一日/1週間/一ヶ月単位で、入金できる最高額を自身で設定できます。
  • プレイ時間制限: プレイ時間への制限で、制限時間がくるとそれ以上プレイできなくなります。
  • 時間制限: ログイン一回に対して、〇時間のみプレイ可能な制限です。。
  • ロス制限: 負けた金額が予め設定した金額に到達するとそれ以上ベットできなくなる制限です。
  • 退会: プレイヤーが自ら退会できる機能。

責任あるプレイを促進する第三者サイト

ブックメーカーでは、プレイヤーのために第三者ギャンブル依存症対策機関と連携し、責任あるプレイを推奨しています。

以下の第三者機関は全ての英語のみのサービスとなっているので、日本人プレイヤーの方は少々使い勝手が悪いのは否めませんが、少しでもギャンブル依存症の兆候がある方は、是非以下のサイトが提供するサービスのご利用をご検討ください。